鳥の学校

第9回テーマ別講習会:鳥類研究のためのDNAバーコーディング

日程:9月18日(月・祝)13時から19日(火)17時

内容:今年も大会と連結しての開催です.野外で落ちている羽が「いったい何の種の羽だろう?」と疑問に感じたことはありませんか? DNAバーコーディングの技術を使えば,そんな疑問も解決できるかもしれません.DNAバーコーディングとは,DNA配列から種を同定する技術で,一枚の羽や小さな組織片からも種が同定できます.本講座では,DNAバーコーディングの原理を基礎から学び,実際にDNA実験を体験します.塩基配列を決定して,種同定を行うところまで指導します.参加者にはDNAバーコーディング技術への理解を深めてもらい,今後ますます多くの分野への応用につなげていただくことを期待します.DNA分析等の経験の有無は問いませんが,この技術を今後研究や仕事に活かしたいという方の参加をお待ちしています.事前に参加申し込みが必要となります.詳細や申し込み方法は,大会ウェブサイトでお知らせします.

定員:16名

会場:国立科学博物館筑波研究施設(〒305-0005 茨城県つくば市天久保4-1-1)

共催:国立科学博物館

講師:齋藤武馬(山階鳥研),杉田典正(国立科博),坂本大地(九大),西海功(国立科博)

問合せ先:千田万里子 senda(at)yamashina.or.jp(企画委員会)